万が一、返済が遅れそうな時にはどうするべきか

金融機関からサービスを受けるには

クレジットカードやカードローンを利用している人は、金融機関と約束した日に何もしないで支払いをしなかった場合、信用を失っていきます。しかし急な病気などどうしようもならない場合もあります。そのような時には金融機関に自分から電話をして事情をありのまま説明することが大切です。その際にはいつまでに全額支払うことが可能か具体的に伝えることが大切なポイントです。
このようにして自分で期日を設定しますが、その期日は必ず守らないといけません。万が一その期日を守らないと、利用限度枠の減少はもちろんですが、厳しい金融機関だと利用限度枠の減少にだけでなく、強制解約などのかなり強力なペナルティーが科せられる可能性もあります。

節約するのも一つの方法ですよ。

お金の使い方を見直すのも一つの方法です。要らないものを購入しないようにしたりするだけで、月にして1000円程度浮いてきます。それ以外でも銀行でお金を引き出すのを、コンビニATMを使うのではなく、銀行のATMを利用すると一回あたり100円から200円程度節約になります。
食事に外食やお弁当を利用しているのを自炊にする事でもかなりの節約です。買い物の仕方にもよりますが、1万円程度は節約になる可能性が高いです。。車を利用している人はセルフのガソリンスタンドを利用するのも一つの方法です。そちらを利用すると1月あたり500円程度節約になります。このようにしていくと返済が遅れそうになっても何とかなる場合もあります。